わたしは毎年2月の終わりころになるとくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの不快な症状が出始め、4月のはじめころまで酷い杉の花粉アレルギーに悩まされます。 どうしてもつらいときには市販の薬を飲むのですが、そうすると今度がのどが渇いてカラカラになってしまったり肌がパサパサに荒れてしまったりするのがつらいんですよね。 去年やはり花粉症で困っている仲良しの友人から、べにふうき茶というお茶を飲むと花粉症の症状がかなり改善されるという話を聞きました。べにふうき茶にはアレルギー反応を抑制してくれる働きがあるメチル化カテキンと、アレルギー症状の原因となる抗体の生成を抑えてくれる抗アレルギー成分ストリクチニンがふくまれているのだそうです。 薬と違ってお茶なら副作用もないだろうと思い粉末になっているべにふうき茶を買って飲んでみたのですが、たしかにお茶を飲んで30分くらいたつとつまっていた鼻がすーっと通って楽になる実感がありました。何時間かたつとまたもとのもどってしまうのですが、それでも花粉症の症状がやわらぐのはうれしいので、今年もぜひ飲もうと思っています。