残念ながら現在では大変変わったケースを除いて商品券のお店で買い物をしてもクレジットを活用する事が出来る売店なんてものは無いのです。このせいでAmerican Express、NICOSなどのギフトカードを使った間接カードのやり方は大抵は実際に利用するに近いです。それだとどういう技を使うと遠まわしに使うクレジットカードが出来るのでしょうか?と聞かれればその方法とは今の時代流行している電子マネーというEdy(エディ)、QUICPay、であったりICOCA、nanacoなど。本当は、これらを用いて直接商品を買うのでないクレジットカードをやるという事が可能になるのです。Edy、iD、QUICPay、またはSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで買い付ける事が可能なギフト券■Edy(エディ)、iD、またはWAON、nanacoなどに聞き慣れない人たちから見てみたらぼんやりとハードな感じを憶測するのかもしれませんがこれらの電子マネーは普通の券になります。VISA、MasterCard、Diners clubなどの商品券となんら相違点はないものです。またこのような電子マネーというものはカードを使って容易に換金する事が可能なという点がメリットであるのです。同時にこのような電子マネーは近頃、カラオケを始まりとして、街ナカや多様なお店といった場所でも実用可能にもなってきている。「当売店の支払いにはカードはお使いになる事はできません」という風に書かれていたようなお店でもEdy(エディ)、iD、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどを使うなら駆使できる時が数々存在するのです(ローンポイントが多く貯まる)。つまりクレジットが使えない店舗でも段階を踏んでクレジットカードを活用することでクレジットポイントをもらえる分を得していただこうという技術です。いつも通り買い物をするのみでは得られないカードポイントであるので是が非でも、活用法を参考にしてほしいのです。