中学生の時に柔道部に所属していました。 そして、その柔道部の練習で膝をついての組み手というものがありました。 その組み手をしている時に膝をやってしまったのです。 投げたい相手と投げられたくない私。 上半身は投げられたけど、膝は残るような感じになってしまったのです。 その時にものすごい痛みが走りました。 当時の部活動は救急車を呼ぶレベルでないと病院には連れていかれないような感じでした。 なので、痛みで泣いてる私ですが、膝自体は腫れていないので病院には連れて行ってもらえませんでした。 その後から私の膝は事あるごとに痛むようになりました。 膝に負担がかかりすぎるとしばらくの間痛むようになります。 痛くて、階段を昇るのもつらくなるくらいです。 そして、その膝は左から始まり、左をかばいながらしてると右も痛くなってくるのです。 たかが、関節痛といいますが、ただ座ってるだけでも膝の関節がうずくのはなかなかつらいですよ。 そして、みんなに進められるのがグルコサミンです。 お決まりのせりふですね。 そんなことを思うのですが一応グルコサミンは飲んでます。