予想外に突然出あってしまうのが自動車事故です。ここでどんな風に行動した結果が要因となり、自動車の保険料の支払金も大きく変わってくるケースも予測できますので間違えない判断と行動が求められます。想像も出来ないケースに巻き込まれて混乱してしまえば大切な事を見失ってしまい、この先自身が損をするケースもありえるので自動車事故をした状況では正確に次に記述した処理を行いましょう。事故をした状況で第一にすべきなのは怪我人の状況を確認する必要があります。自動車事故後すぐはショック状態になってしまう場合があり短期間で対処できないのが通常です。ですから、負傷した方がいた場合には危険が少ない場所に移動してからできる限りの処置を行い周りの人に助けを求める等して救助優先に努めることが重要です。119番に電話をする場面では適切な事故があった場所を告げて、分かりにくい状態では分かり易い建造物や町名を知らせ事故の場所が分かってもらえるようにします。その後で110番へ通報して自動車の事故があった事また状況を知らせます。救急車と警察の到着を待っている時間に相手側の事を調べます。名前、住んでいるところ、連絡先、免許車のナンバー事故の相手の方の自動車保険の会社名というそれぞれの身元を言います。この時に相手方に原因がある場合には、そこで処理するケースがよくありますがその場でやり取りするのではなくどの場面にかかわらず警察署や自動車の保険会社知らせて、きちんと調べてもらうことが重要です。関係者の身元を伝えたら他の人の妨害にならないように妨げとなる物道路から除去します。万が一邪魔な物が誰かの交通の邪魔になっている時は、情報を交換する前にそれを終わらせてしまっても大丈夫です。その後自らが掛金を支払っている自動車保険の会社に知らせ車での事故を起こしてしまった事を告げます。自動車での事故から特定時間の間に自動車保険の会社に報告していないと、自動車での事故の保険の適用除外とされるケースも想定されるので遅れることなく連絡を入れることが必要です。また事故内容の証拠になるように、携帯などで事故現場や乗用車の破損状態の写真を写しておきます。その写真は責任の割合決める際にかなり重要な糸口となるので自らの車や先方の乗用車の壊れた箇所を的確に写真に残しておきます。この状況で第三者がいればおまわりさんや保険会社の人がやってくるまで一緒にそのまま待機して頂くように呼びかけることも重要です。