学校、特に中学校や高校において、学校の勉強と同じくらい重要なウエイトを占めるのが、部活動だと私は思っています。そんな部活動は、学校によって絶対に入らなければいけない学校もあれば、特に強制ではない学校もあります。  私は、中学校時代をサッカー部、高校時代をコンピュータ部で過ごしたのですが、学校の部活動に入っていて良かったという気持ちがとても強いです。それは、どちらもどちらかと言えば、まったりした雰囲気の部活動でしたので、学校生活の中で良い息抜きになっていたからです。  部活動のときは、それぞれサッカーやパソコンのプログラミングに取り組みながらも、友達とおしゃべりしていましたし、他のクラスの友達といろいろ漫画やゲームのことについて情報交換をしたりなど、ある意味部活動以外のことも楽しんでいました。  それは、部活動に打ち込んで頑張るのとは少し違うのかもしれませんが、私にとってはとても貴重な体験でした。ですので、学校に通ったらなるべく部活動をするべきだと私は思っています。