外国為替市場としての外国為替証拠金取引に関して、掘り下げていきましょう。外国為替証拠金取引のやり方は、二つの異なる国の金をやり取りをして二国の通貨の差額を受け取るといったような方式になります。これら両国のお金の関係で出る利益をスワップ金利と呼ぶのです。こうしたスワップ金利は正確にはスワップポイントというそうです。FXのスワップポイント(スワップ金利)というのは、日ごとにでも受け取れますけれども日ごとの為替相場の動向次第で変わってくるとのことです。こういうFXのスワップ金利の獲得がねらいで外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをする方々もいます。スワップポイントは取引業者それぞれで異なってくるので可能な限り利益が多い取引業者を利用したい所ですよね。とは言ってもスワップポイントは為替レートが変わることで変動してしまうので注意をしてください。加えて、為替取引を行う際にはグラフを読む力が大事になってきます。この図表を読める事で、為替の相場の動き方を予想する出来るようです。外国為替初心者の方が見た際、何を表している図表?などと疑問に思えるのでしょうけどツボをわかっておくことによりチャートの理解が出来るらしいです。どの辺から日本円が上がって来ている又は下がり始めているとか、最近では円安などとこのグラフを見る事で判別する事が出来るようになり為替の取引をやるためにはとても役に立つ情報となるはずです。上記の図は、日本の中ではローソク足を使っており名前通りローソクの形に似たチャートで表されています。そのローソク足では、高値とか安値、かつ終値か始値を示していてグラフは種々の形となって行くのです。