民事再生という手段は住宅ローン等を含めて多重債務の問題に悩む利用者をターゲットとして、住んでいる家を維持しつつ金銭管理の面でやり直すための法的な謝金の整理の手順として2000年11月にはじまった法律です。77-7-150

民事再生には、破産申告とは異なり免責不許可となる要素はないために散財などで借金したのであっても申請は選択可能ですし、破産手続きをしてしまうと業務ができなくなる可能性のある立場で仕事をされている人でも民事再生は行えます。77-2-150

破産の場合には住んでいる家を保有したままにすることは考えられませんし任意整理や特定調停などでも、元金は返していかなくてはなりませんので、住宅ローン等も払いながら返済を続けるのは実際のところ難しいでしょう。77-6-150

民事再生という手続きを選択することができれば住宅ローンを除く負債についてはけっこうな金額を減ずることもできますのである程度余裕に住宅ローン等を払い続けながら借入金を払い続けるようなこともできるといえます。77-14-150

いっぽうで、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理とは異なってある部分だけの借金だけを除外扱いして処理を行うことは許されませんし破産においてのように債務それ自体なくなってしまうということでもありません。77-9-150

それから、これ以外の手続きと比べて若干簡単には進まず負担もかかりますので住宅のためのローンがあって住んでいるマンションを手放したくない状況などを除外して破産宣告等といった他の債務整理ができない場合の手段として考えていた方がいいでしょう。77-5-150

77-8-15077-1-15077-19-15077-16-150



  • 77-12-150
  • 77-15-150
  • 77-3-150
  • 77-13-150
  • 77-11-150
  • 77-10-150 77-18-150 77-17-150 77-4-150 77-20-150