車を買い取ってもらう場合や、そして所有車の買取時も印鑑証明書がなければなりません。

この印鑑証明に関して解説していきます。

印鑑証明というのは、実印として効力を持つということを証明する目的の書類です。

印鑑証明書がない場合には、その印鑑が実印として効力を持つことが裏付けられません。

決して小さくない売買になる自動車の売買ですから、どうしても実印が必要ですが、それとセットで印鑑証明が登場します。

印鑑証明書を交付してもらうには、その前に印鑑証明しなければなりません。

書類に登録する印鑑は実印と呼ばれ世界で唯一のはんこであることが必須です。

この印鑑を準備して近所の市町村役場の案内係へいけば印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードが発行され登録が完了した判子は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには、役場の窓口へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを持って行くだけで大丈夫です。

さらに自動交付機で発行する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はありません。

なのでいつの印鑑証明でも印鑑証明としての効力は持続するのです。

しかしながら、クルマ買い取り時には必要になるのは3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

ほとんどのケースで有効期限を気にする必要はないですが、車売却の際は買い取り先の業者が必須となる有効期限を教えてくれるのでもしも自動車買い取りを検討しているなら、最初に準備しておくとよいでしょう。